イオン導入で浸透力の向上

イオン導入で浸透力の向上

メラニンの生成を抑制する働きがビタミンCにはありますので、お肌の奥にまでしかとと浸透することでソバカスやしみなどといった様々なお肌トラブルを予防することに繋がります。クリニックではこれら2つを共に行っている「超音波イオン導入」と呼ばれるコースもあります。

イオン導入についてですが、水溶性や美白成分として知られるビタミンCなどをイオン化させ、そしてきちんと皮膚の奥深くにまで浸透させることが可能になります。近年の美容整形クリニックでよく聞くようになってきたのが「イオン導入」です。

そして上記のイオン導入と同様で、「超音波導入」というものがありますが、これは皮膚に対し美容液を浸透させやすい環境を作るための施術方法です。浸透率は通常の場合と比較をして、なんと約70倍にもなるとされています。

また傷みや刺激などはイオン導入には全くありませんので「歯痛から電流を流すのは避けたい」といった不安のある人も問題ありません。ごく微弱な電流を皮膚に流すことで、浸透率を高める施術法のことを「イオン導入」と呼んでいるのです。

乾燥を防ぐために、皆さんも毎日洗顔が終わった後には、化粧水や乳液などを使い、お肌に潤いを与えているのではないでしょうか?しかし、皮膚の表面にバリア機能を持つ角質層が存在していますので、お肌にただのみ浸けているだけでは、残念ながら浸透率というのはそこまで優良とは言えません。イオン導入というのは、お肌のくすみやシミなどに対して効果的な施術として知られています。